兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年超。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。日中は本業で忙しくても、毎日1回のみ、手軽にFXでの安定収益を目指します!

TOP > スプレッド調査

【スプレッド実態調査結果 外為ファイネスト】 午前7時台への発注時間変更に向けた準備

【スプレッド実態調査結果 外為ファイネスト】 午前7時台への発注時間変更に向けた準備

このサイトの投資手法では、発注時間は、午前8時00分として運用しています。しかし、午前7時台からレートが活発に動き始める日もあり、午前8時00分時点では既に出遅れ気味の時もあるため、現在、午前7時台への発注時間変更を視野に検証を続けています。昨日の記事では、複数業者間でのスプレッドを、私が行った実態調査結果を元に比較しています。→こちらの記事です。その業者比較の結果、午前7時台へ変更する際の取引業者として最...

... 続きを読む

このサイトの投資手法では、発注時間は、午前8時00分として運用しています。
しかし、午前7時台からレートが活発に動き始める日もあり、午前8時00分時点では既に出遅れ気味の時もあるため、現在、午前7時台への発注時間変更を視野に検証を続けています。

昨日の記事では、複数業者間でのスプレッドを、私が行った実態調査結果を元に比較しています。
こちらの記事です。

その業者比較の結果、午前7時台へ変更する際の取引業者として最有力候補にあがったのが、外為ファイネスト(MT4 ZERO)です。

そこで、昨日の朝に、実際に外為ファイネスト(MT4 ZERO)のスプレッドの遷移状況を詳細に調査していますので、その結果を報告します。
午前6時30分から午前7時00分までは15分間隔で、午前7時00分から午前7時40分までは5分間隔で、スクリーンショットを撮り、集計しています。
なお、外為ファイネストは、NDD方式の変動スプレッド制であるため、集計結果のスプレッド値は固定ではありません。
時間の流れとともに、どの程度スプレッドが狭くなっていくのかを、大まかに把握することを主の目的としています。

※スマホの方は、端末の向きを横にされる等、表を拡大してご覧ください。




午前6時台(午前7時00分まで)は、どの業者でもそうですが、やはりスプレッドが広くなっています。
午前7時00分を過ぎてから、時間の経過とともに、各通貨ペアとも徐々にスプレッドが狭くなっていきます。

表中の黄色着色したスプレッド値は、午前7時台としては、十分にスプレッドが狭くなったと分析した部分です。
通貨ペアによって多少の違いはありますが、概ね、午前7時15分であれば、どの通貨ペアでも不利なく取引が可能と見ていいのではないでしょうか。

ただし、取引日によって、スプレッドの調整されていく時間は、数分程度のズレは生じると思います。
引き続き来週も、スプレッドの状況を確認しつつ、実際に発注時間を午前7時台に変更するのであれば、午前7時何分が良さそうか検証していきます。
また、NDD方式ですから約定力は問題ないはずですが、発注してから約定までのタイムラグや約定価格の状況等の取引環境全般についても、実際に触って確かめてみたいと思います。


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
 ↑上のバナーをクリックして、ランキングアップにご支援お願いします。

  ←Twitterでフォローしていただくと、サイト更新時に通知が届きます。
 リアルタイムで売買シグナルを受け取りたい方は、フォローし、ツイート通知設定をお願いします。

このサイトの取引手法での最適な業者はこちら
【外為ファイネスト】

 【外為ファイネスト】国内MT4・NDDカリネックスブリッジ
 現在、私も利用中の外為ファイネストは、日中のスプレッドが本当に最狭水準であることはもちろん、このサイトでの取引手法で重要となる午前7時台での成行注文時にもスプレッドがしっかりと狭くなっており、不可欠の取引業者です。

午前8時以降に発注される方はこちらの業者でも
【ゴールデンウェイ・ジャパン】

 高速FX
 私のスプレッド調査結果では、午前8時以降であれば、こちらの業者でもスプレッド最狭水準での取引が可能です。

【スプレッド実態調査 結果】 午前7時台への発注時間変更のための準備

【スプレッド実態調査 結果】 午前7時台への発注時間変更のための準備

先日から記事で触れている、毎朝1回取引の発注時間の前倒しに向けて、複数業者のスプレッド実態調査を実施しましたので、その結果を報告します。5月6日の午前8時前の時間帯を中心に実施しています。今回の調査対象のFX業者は5社です。ゴールデンウェイ・ジャパン、外為ファイネスト、サクソバンク証券、デューカスコピー・ジャパン、ヒロセ通商の5社です。調査対象の前提条件は、私が現在、投資対象としている全22種類の通貨ペアを...

... 続きを読む

先日から記事で触れている、毎朝1回取引の発注時間の前倒しに向けて、複数業者のスプレッド実態調査を実施しましたので、その結果を報告します。
5月6日の午前8時前の時間帯を中心に実施しています。

今回の調査対象のFX業者は5社です。
ゴールデンウェイ・ジャパン、外為ファイネスト、サクソバンク証券、デューカスコピー・ジャパン、ヒロセ通商の5社です。
調査対象の前提条件は、私が現在、投資対象としている全22種類の通貨ペアを取り扱っている業者です。
ポンドカナダやポンドキウイといった、若干マイナーな通貨ペアまで取り揃えているのは海外本社の業者が中心となります。

ヒロセ通商は、国内業者としては珍しく、多通貨ペアを取り扱っている業者です。
この5社以外にも、ゲインキャピタル・ジャパン、EZインベスト証券の2社も条件に当てはまるのでスプレッド値を拾おうと思いましたが、実際に配信レートを確認すると、明らかにスプレッドが広いため除外しました。

では早速、私自身が各時間にスクリーンショットを撮り、そこから拾った数値を報告します。
(時差がないよう画面上に取引画面を並べて、撮っています。)

なお、注意事項ですが、デューカスコピー・ジャパンは、取引手数料が発生する業者であるため、スプレッド以外のコストが発生します。
ゴールデンウェイ・ジャパンは、早朝時間帯でも固定スプレッドですが、午前8時を境に、固定スプレッド値が切り替わるシステムのため、6時台、7時台とも、常に同一スプレッド値となっています。
最下段、午前11時30分のスプレッドが午前8時以降の固定スプレッド値です。
また、それ以外の4社は、本来固定スプレッド制の業者もありますが、現在はコロナウイルスの関係で変動制となっていますので、その点を考慮してご覧ください。
大まかな状況を掴む、という感じでお願いします。


まず、午前6時40分です。
午前6時台は、スプレッドが広いのが一般的で、その例に漏れず、各社ともとても取引できる状況ではありません。
(デューカスコピー・ジャパンが拾えておらず、すみません。)

【午前6時40分】



次に、午前7時10分です。
午前7時頃から、徐々にスプレッドが狭くなり始めます。

【午前7時10分】



次に、午前7時30分です。
午前7時10分と大きな違いはないものの、さらにスプレッドが狭くなっていることが分かります。

【午前7時30分】



最後に、通常レートとなっている午前11時30分です。
各社ともかなりの狭さですが、外為ファイネストが一つ抜け出しています。
なお、デューカスコピー・ジャパンは手数料が発生するため、コスト面ではスプレッド以外にも発生します。
(ヒロセ通商は、午前7時台の調査でスプレッドが広く、選択肢から外してしまい、調査していません。)

【午前11時30分】



以上のような結果となりました。
東京市場からNY市場までの時間帯であれば、ゴールデンウェイ・ジャパン、外為ファイネスト、サクソバンク証券とも私の取引手法であれば大きな差は生じないかもしれません。
しかし、できる限り、朝早く発注したいと考えた時に、午前6時台は無理そうですが、午前7時台であれば十分に可能だということが判明しました。
とりわけ、外為ファイネストは、どの時間帯でも頭一つ抜け出している感じで、スプレッドの面では最も有利だと思われます。

そこで、実は、本日の朝、外為ファイネストのスプレッド変遷状況を測定するためのスクリーンショットを撮り貯めていますので、明日以降に報告する予定です。


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
 ↑上のバナーをクリックして、ランキングアップにご支援お願いします。

  ←Twitterでフォローしていただくと、サイト更新時に通知が届きます。
 リアルタイムで売買シグナルを受け取りたい方は、フォローし、ツイート通知設定をお願いします。

このサイトの取引手法での最適な業者はこちら
【外為ファイネスト】

 【外為ファイネスト】国内MT4・NDDカリネックスブリッジ
 現在、私も利用中の外為ファイネストは、日中のスプレッドが本当に最狭水準であることはもちろん、このサイトでの取引手法で重要となる午前7時台での成行注文時にもスプレッドがしっかりと狭くなっており、不可欠の取引業者です。

午前8時以降に発注される方はこちらの業者でも
【ゴールデンウェイ・ジャパン】

 高速FX
 私のスプレッド調査結果では、午前8時以降であれば、こちらの業者でもスプレッド最狭水準での取引が可能です。