兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年。現在、売買シグナルを、毎朝、完全無料で先出し公開中です! 毎朝1回だけの発注、取引で、手軽にFXでの安定収益を目指します!番外編として、CFD取引(株価指数、商品)の売買シグナルも公開中です!

TOP > 具体的な投資手法

【EMA-FX】現在の具体的な投資手法(R3.1.3)

【EMA-FX】現在の具体的な投資手法(R3.1.3)

現在のより具体的な投資手法を説明します。サイト休止前とは異なる部分もあります。【投資対象通貨ペア】①トレーダーズ証券での取引通貨ペアEURUSD、GBPUSD、AUDUSD、USDCHF、NZDUSD、EURJPY、GBPJPY、AUDJPY、CHFJPY、CADJPY、NZDJPY、EURGBP、EURAUD、GBPAUD、AUDNZD②外為ファイネストでの取引通貨ペアUSDCAD、EURCAD、EURNZD、GBPNZD、AUDCAD、NZDCAD以上の21通貨ペアを対象として、日々分析をしています。ちなみにドル円は、も...

... 続きを読む

現在のより具体的な投資手法を説明します。
サイト休止前とは異なる部分もあります。


【投資対象通貨ペア】
①トレーダーズ証券での取引通貨ペア
EURUSD、GBPUSD、AUDUSD、USDCHF、NZDUSD、EURJPY、GBPJPY、AUDJPY、CHFJPY、CADJPY、NZDJPY、EURGBP、EURAUD、GBPAUD、AUDNZD

②外為ファイネストでの取引通貨ペア
USDCAD、EURCAD、EURNZD、GBPNZD、AUDCAD、NZDCAD

以上の21通貨ペアを対象として、日々分析をしています。
ちなみにドル円は、もちろん監視はしていますが、投資対象にはしていません。

【注文方法】
新規注文 : 成行のみ
決済注文 : 成行と指値を併用
注文変更 : 未約定の指値価格を変更

※逆指値は、一切使用しません。
※指値を入れる場合は、新規注文約定と同時に入れます。
※決済成行の場合、未約定の決済指値注文があっても、それを取り消して、成行で決済します。

【発注時間】
午前7時30分~午前8時30分頃

売買判断は、日足で分析しており、発注作業は毎日1回です。
日足が確定するのは、現在は、午前7時ですが、発注時間としては、FX業者のスプレッドが狭くなってくるまで待つこととしており、上記の時間帯としています。
私が利用しているFX業者では、「トレイダーズ証券」は7時30分頃から、「外為ファイネスト」は8時過ぎから、スプレッドが狭くなってくる傾向にあります。
ちなみに、この両者は、スプレッドが狭く、1000通貨単位である点が魅力で、さらにトレイダーズ証券はスワップポイントも有利な設定であるため、トレイダーズ証券で取引できる通貨ペアは、この業者を優先して利用しています。

【サイト記事について】
多数の通貨ペアを対象としているため、値動きの大きさや価格に応じて、指値値幅や取引数量を調節しています。
このサイトでは、私自身の実取引での、取引内容や指値値幅、取引数量を掲載しています。

例えば、新規の場合、「EURUSD ロング 0.9 指値50」というのは、「EURUSDのロングを0.9万通貨で成行注文し、約定価格から50pipsのところに指値注文を入れる。」という意味になります。
休止前は、取引数量は公開していなかったのですが、今後は、こちらも公開していきます。


ちなみに、トレイダーズ証券「みんなのFX」では、取引を公開しています。
「みんなのシストレ」機能で「EMA-FX(by kukaku)」の名前で登録していますので、15通貨ペアについては、こちらから実際の取引状況、運用状況が確認できます。
とは言え、大した成績ではありませんが。。。

 現在、私が利用しているFX業者はこちら!
 
 ⇒≪トレイダーズ証券公式サイトは、こちらから≫
 当サイト限定タイアップ実施中です!

 
 ⇒≪外為ファイネスト公式サイトは、こちらから≫

 有利な運用のため、通貨ペア別に、2つの業者を使い分けています。
 詳細は、こちらの投資手法記事にて。

 ブログランキングに参加中です!
 売買シグナルに期待してもらえる方、応援クリックお願いします。
 ≪にほんブログ村≫ ←ここをクリック!
 皆様のお心遣いに感謝します!

【EMA-FX】現在の具体的な投資手法(R2.7.5)

【EMA-FX】現在の具体的な投資手法(R2.7.5)

※この記事は、現在の投資手法ではありません。※R2.7.6から、取引対象通貨ペアを追加する点を追記、修正します。※R2.7.20から、発注時間を変更する点に関して追記、修正します。【投資対象通貨ペアと決済指値値幅】(1)決済指値値幅:40pips、60pips、80pipsユーロドル、ドル円、オージードル、ドルスイス、ドルカナダ、キウイドル、ユーロ円、オージー円、スイス円、カナダ円、キウイ円、ユーロポンド、ユーロオージー、ユーロス...

... 続きを読む

※この記事は、現在の投資手法ではありません。


※R2.7.6から、取引対象通貨ペアを追加する点を追記、修正します。

※R2.7.20から、発注時間を変更する点に関して追記、修正します。

【投資対象通貨ペアと決済指値値幅】
(1)決済指値値幅:40pips、60pips、80pips
ユーロドル、ドル円、オージードル、ドルスイス、ドルカナダ、キウイドル、ユーロ円、オージー円、スイス円、カナダ円、キウイ円、ユーロポンド、ユーロオージー、ユーロスイス、ユーロカナダ、ユーロキウイ、オージーカナダ、オージーキウイ、キウイカナダ

(2)決済指値値幅:50pips、75pips、100pips
ポンドドル、ポンド円、ポンドオージー、ポンドスイス、ポンドカナダ、ポンドキウイ


【注文方法(手動発注)】
手動で発注作業が必要となるのは、毎日1回のみです。
テクニカル分析にて新規発注の売買シグナルが発生した場合、記事にて公開します。
また、前日以前から持ち越しているポジションで、損切り(決済成行)が必要な場合にも、この記事にて公開します。

新規発注は成行注文で行い、約定後、記事にて明示した値幅で、決済指値注文もすぐに発注します。
損切り決済も成行注文です。逆指値は使用しません。
分析結果によっては、途転(ドテン)になる場合もあります。
また、必ずしも損切りとはならず、場合によっては、利益確定となることもあります。


前日以前からの持ち越しポジションについて、指値値幅を変更する場合があります。
この際には、以下のような表示方法となります。


(例)「ユーロドル」のショートポジション(建値1.14258)の指値を、「1.13858」から変更する場合

【保有継続ポジションの決済指値 価格変更】
ユーロドル ショート 1.14258 (指値1.13858 → 外為ファイネストでの始値-40)

※始値とは、発注時間(午前0時00分)の始値(Bidレート)です。


このように記載します。
この場合、例えば、外為ファイネストでの始値が1.14351だった場合は、そこから40を引いた、1.13951を新たな指値として変更注文します。
私が取引で利用している業者を基準としますので、この記載方法とします。
このサイトの記事を、取引の参考材料とされていらっしゃる場合には、他社レートとの相違にご注意ください。


【注文時間】
毎日1回の成行注文の発注時間は、日付の変わる午前0時00分です。
成行注文なので、順次、発注していくことになります。
また、決済指値価格の変更も、上記のとおり、午前0時のレートを確認後、すぐに変更注文を入れます。


投資対象通貨ペアの数は、全25種類です。
これだけの通貨ペアを対象にすることにより、その時々で確度の高いものに限定して取引しつつも、ある程度の取引回数も確保することが可能となっています。
また、全25通貨ペアを取引することのできる業者は限られてきますが、このサイトで紹介している2社であれば、通貨ペアの取扱いがあることは当然ですが、最狭水準スプレッドやMT4利用可能等の取引面でも十分に有利な環境が整っていますので、参考にしてください。

特に、これまでは、午前7時台のスプレッドが広がりやすい時間帯での発注だったため、ゴールデンウェイ・ジャパンが選択しづらい面があったのですが、午前0時00分の発注とすることで、ユーロドルやドル円など、複数の通貨ペアにおいて、ゴールデンウェイ・ジャパンの方がスプレッドが狭いことになります。
時間帯にもよりますので、本当に、この2社であれば、どちらを選んでも十分に有利な環境で運用可能となりました。

 現在、私が利用しているFX業者はこちら!
 
 ⇒≪トレイダーズ証券公式サイトは、こちらから≫
 当サイト限定タイアップ実施中です!

 
 ⇒≪外為ファイネスト公式サイトは、こちらから≫

 有利な運用のため、通貨ペア別に、2つの業者を使い分けています。
 詳細は、こちらの投資手法記事にて。

 ブログランキングに参加中です!
 売買シグナルに期待してもらえる方、応援クリックお願いします。
 ≪にほんブログ村≫ ←ここをクリック!
 皆様のお心遣いに感謝します!

【重要】 EMA-FX 発注時間変更のお知らせ

【重要】 EMA-FX 発注時間変更のお知らせ

※この記事は、現在の投資手法ではありません。今週一週間、毎朝、外為ファイネストの午前7時台のスプレッドを調査してきました。その結果、来週月曜日の朝の売買シグナルから、発注時間を、午前7時20分に変更します。現在の午前8時00分よりも40分早めることで、午前7時台からの値動きもカバーし、より一層の安定収益獲得につなげていきたいと考えています。ただし、午前7時台の場合、FX業者によっては、まだスプレッドが落ち着かず...

... 続きを読む

※この記事は、現在の投資手法ではありません。


今週一週間、毎朝、外為ファイネストの午前7時台のスプレッドを調査してきました。

その結果、来週月曜日の朝の売買シグナルから、発注時間を、午前7時20分に変更します。

現在の午前8時00分よりも40分早めることで、午前7時台からの値動きもカバーし、より一層の安定収益獲得につなげていきたいと考えています。
ただし、午前7時台の場合、FX業者によっては、まだスプレッドが落ち着かず、かなり広い状態の業者もありますので、十分に確認されてから取引を開始してください。

なお、ご自身で確認をする時間が取れないという方につきましては、私の取引している業者である、外為ファイネストであれば、既に私自身が検証済みで、実際の取引に利用していますので、こちらの業者であれば十分にスプレッドの狭い状態で取引ができるかと思います。

今回は、発注時間の変更のみです。
その他の事項については、変更いたしません。

 現在、私が利用しているFX業者はこちら!
 
 ⇒≪トレイダーズ証券公式サイトは、こちらから≫
 当サイト限定タイアップ実施中です!

 
 ⇒≪外為ファイネスト公式サイトは、こちらから≫

 有利な運用のため、通貨ペア別に、2つの業者を使い分けています。
 詳細は、こちらの投資手法記事にて。

 ブログランキングに参加中です!
 売買シグナルに期待してもらえる方、応援クリックお願いします。
 ≪にほんブログ村≫ ←ここをクリック!
 皆様のお心遣いに感謝します!

【重要】新バージョンについて(R2.5.4 運用開始)

【重要】新バージョンについて(R2.5.4 運用開始)

※この記事は、現在の投資手法ではありません。※R2.5.6追記発注時間について、決済指値価格の変更注文をする場合の発注時間に関する記述を追記しました。※R2.5.15追記発注時間を変更しました。(午前8時00分→午前7時20分)お待たせしました。新バージョンでの目処が立ち、明日、5月4日から運用開始します。発注方法には変更はありません。ただし、新バージョンでの検証を進める中で、「オージーキウイ」に関しては、上手く機能せず...

... 続きを読む

※この記事は、現在の投資手法ではありません。


※R2.5.6追記
発注時間について、決済指値価格の変更注文をする場合の発注時間に関する記述を追記しました。

※R2.5.15追記
発注時間を変更しました。(午前8時00分→午前7時20分)

お待たせしました。
新バージョンでの目処が立ち、明日、5月4日から運用開始します。

発注方法には変更はありません
ただし、新バージョンでの検証を進める中で、「オージーキウイ」に関しては、上手く機能せず、収益の期待値が低いため、投資対象通貨ペアから除外します。
これにより、投資対象通貨ペアは、全部で22種類となります。
ただし、バージョン1とバージョン2との融合により、これまでよりも売買シグナルの発生頻度は高まります。
また、決済指値注文の値幅を、全ての通貨ペアで3段階の設定とし、どの値幅を採用するかは、朝の記事にて個別に明示します。

長期間の安定収益の実現に向けて、しっかりとテクニカル分析をしていきます。

以下に、令和2年5月4日からの具体的な投資手法をまとめます。

【投資対象通貨ペアと決済指値値幅】
(1)決済指値値幅:40pips、60pips、80pips
ユーロドル、ドル円、オージードル、ドルスイス、ドルカナダ、キウイドル、ユーロ円、オージー円、スイス円、カナダ円、キウイ円、ユーロポンド、ユーロオージー、ユーロスイス、ユーロカナダ、ユーロキウイ

(2)決済指値値幅:50pips、75pips、100pips
ポンドドル、ポンド円、ポンドオージー、ポンドスイス、ポンドカナダ、ポンドキウイ

【注文方法(手動発注)】
手動で発注作業が必要となるのは、毎朝1回のみです。
テクニカル分析にて新規発注の売買シグナルが発生した場合、朝の記事にて公開します。
また、前日以前から持ち越しているポジションで、損切り(決済成行)が必要な場合にも、朝の記事にて公開します。

新規発注は成行注文で、約定後、記事にて明示した値幅で、決済指値注文もすぐに発注します。
損切り決済も成行注文です。逆指値は使用しません。
分析結果によっては、途転(ドテン)になる場合もあります。

決済指値の値幅を3段階制にしたことにより、前日以前からの持ち越しポジションについて、指値値幅を変更する場合があります
この際には、変更後の指値の具体的な価格を明示します。

【注文時間】
毎朝1回の成行注文の発注時間は、午前7時20分です。
成行注文なので、順次、発注していくことになります。

前日以前からの保有継続ポジションの決済指値価格を変更する場合も、朝の記事に記載しますが、その指値価格の変更注文は、記事掲載後、すぐに行っています。

 現在、私が利用しているFX業者はこちら!
 
 ⇒≪トレイダーズ証券公式サイトは、こちらから≫
 当サイト限定タイアップ実施中です!

 
 ⇒≪外為ファイネスト公式サイトは、こちらから≫

 有利な運用のため、通貨ペア別に、2つの業者を使い分けています。
 詳細は、こちらの投資手法記事にて。

 ブログランキングに参加中です!
 売買シグナルに期待してもらえる方、応援クリックお願いします。
 ≪にほんブログ村≫ ←ここをクリック!
 皆様のお心遣いに感謝します!