兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年超。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。日中は本業で忙しくても、毎日1回のみ、手軽にFXでの安定収益を目指します!

TOP >  FX取引の基本的事項 >  【トルコリラ】 流動性低下傾向で要注意

【トルコリラ】 流動性低下傾向で要注意

新型コロナウイルス感染症の影響により、世界経済が大打撃を受けている中で、トルコも他国同様に打撃を受けています。
現状では、2018年の通貨危機である「トルコショック」時の最安値を下回るなど、トルコ中央銀行の買い支え策もむなしく下落しています。

このような状況において、トルコの銀行監督機関がトルコリラの取引規制を強化しているようで、銀行間取引を行うインターバンク市場でのトルコリラの流動性が低下しているとのことです。

トルコリラに限ったことではなく、流動性が低下することは、投資家にとっては不測の事態が起こりうるなど、不利な取引環境となってしまいます。
以下に、流動性低下時の一般的なリスクをあげます。

・急激な相場変動
・急激なスプレッドの拡大
・為替レート配信の停止

上記の中で、特に急激な相場変動時のリスクがいくつかあります。

・取引開始時のレートが、直近の終値に対し大きく乖離するリスク
・スプレッドが、大幅に拡大するリスク
・一時的に取引が、できない、または、しづらい状況となるリスク
・成行注文や逆指値注文が、注文時の価格とは大幅に異なる価格(不利な価格)で約定するリスク
・ロスカットとなった場合に、業者に入金している証拠金額を上回る損失が発生するリスク
・スワップポイントが大幅に変動するリスク


以上のようなリスクは、今回のトルコリラに限らず、どの通貨でも流動性が低下した際には、大なり小なり起こりうるものです。
FX取引に参加する以上、これらの異常事態も受け入れていく必要があります。
例えば、日頃から、入金している証拠金に余裕がないと、スプレッドが瞬間的に急激に広がっただけでも、即ロスカットとなってしまいます。

新型コロナウイルスの影響で、多くのFX業者が原則固定スプレッドを取りやめ、スプレッドも拡大しやすくなっています。
相場が落ち着きを取り戻すまで取引を休止するのもいいですし、取引を継続するのであれば、しっかりとリスク管理をしていく必要がありそうです。


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
 ↑上のバナーをクリックして、ランキングアップにご支援お願いします。

  ←Twitterでフォローしていただくと、サイト更新時に通知が届きます。
 リアルタイムで売買シグナルを受け取りたい方は、フォローし、ツイート通知設定をお願いします。

このサイトの取引手法での最適な業者はこちら
【外為ファイネスト】

 【外為ファイネスト】国内MT4・NDDカリネックスブリッジ
 現在、私も利用中の外為ファイネストは、日中のスプレッドが本当に最狭水準であることはもちろん、このサイトでの取引手法で重要となる午前7時台での成行注文時にもスプレッドがしっかりと狭くなっており、不可欠の取引業者です。

午前8時以降に発注される方はこちらの業者でも
【ゴールデンウェイ・ジャパン】

 高速FX
 私のスプレッド調査結果では、午前8時以降であれば、こちらの業者でもスプレッド最狭水準での取引が可能です。

Last Modified : 2020-06-13