兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年。売買シグナルを、毎朝、完全無料で先出し公開中です! EMA、SMA、MACD、RSI、DMI(ADX)によるテクニカル分析重視です。毎朝1回だけの発注、取引で、手軽にFXでの安定収益を目指します!

TOP >  為替相場分析状況 >  EMA-FX 各通貨ペア監視状況(R2.5.13 現在)

EMA-FX 各通貨ペア監視状況(R2.5.13 現在)

投資対象通貨ペアの現在の監視状況です。
ロングやショート、様子見とあっても、実際に朝に売買シグナルが発生するかどうかは、この後の値動き次第です。
また、売買シグナル発生時には、逆のシグナルが発生する可能性もあります。

※近日中の朝に売買シグナルが発生する可能性を含めて、値動き、チャート形状に注目している通貨ペアの横に、「○」を付けています。
こちらも参考であり、売買シグナル発生の有無に直結するものではありません。

ユーロドル ショート 保有中
ドル円 ショート ○
ポンドドル ショート
オージードル ロング 保有中
ドルスイス 様子見
ドルカナダ ロング 保有中
キウイドル ショート ○
ユーロ円 ショート
ポンド円 ショート
オージー円 ロング
スイス円 ショート
カナダ円 ショート
キウイ円 ショート
ユーロポンド 様子見
ユーロオージー ショート
ユーロスイス ショート 保有中
ユーロカナダ 様子見
ユーロキウイ 様子見
ポンドオージー ショート
ポンドスイス ショート
ポンドカナダ ショート
ポンドキウイ ショート


上記のとおり、現時点での分析では、2つの通貨ペアで売買シグナル発生の予告が出ています。
この後の値動き次第ですが、ドル円に売買シグナルが発生するのはかなり久しぶりになります。
多通貨ペアを投資対象としていると、よくシグナルの発生する通貨ペアとそうでないものとに分かれますが、ドル円は、私の分析方法では、後者の方になります。

さて、今朝も外為ファイネストで新規成行取引をしつつ、スプレッドの状況を確認しました。
このサイトの最上段の記事内にもスプレッド比較外為ファイネストのスプレッド実態調査の記事を載せていますが、今日は、午前7時台の比較的早い段階からスプレッドが狭くなっていました。
それゆえに、午前7時20分への発注時間変更の方針がさらに固まってきた感じです。
昨日の記事でも書きましたが、今週の週末までは、引き続き、スプレッド状況の確認を継続し、来週の月曜日からは、発注時間を午前7時20分に変更することになる予定です。

午前7時台での取引は、業者間のスプレッド差が非常に大きくなっており、しっかりと業者を見定めて選択しないと、新規ポジションを保有した瞬間から、大きな含み損を抱えることになってしまいます。

その点では、私が現在利用している外為ファイネストは、私自身もしっかりと検証した上で選択していますので、参考にしてください。

 現在、私が利用しているFX業者はこちら!
 
 ⇒≪トレイダーズ証券公式サイトは、こちらから≫
 当サイト限定タイアップ実施中です!

 
 ⇒≪外為ファイネスト公式サイトは、こちらから≫

 有利な運用のため、通貨ペア別に、2つの業者を使い分けています。
 詳細は、こちらの投資手法記事にて。

 ブログランキングに参加中です!
 売買シグナルに期待してもらえる方、応援クリックお願いします。
 ≪にほんブログ村≫ ←ここをクリック!
 皆様のお心遣いに感謝します!

Last Modified : 2021-01-03