兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年超。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。日中は本業で忙しくても、毎日1回のみ、手軽にFXでの安定収益を目指します!

TOP >  その他 >  【EMA-FX】≪重要≫取引対象通貨ペア追加(R2.7.5)

【EMA-FX】≪重要≫取引対象通貨ペア追加(R2.7.5)

突然のお知らせとなりますが、記事タイトルにあるとおり、取引対象とする通貨ペアを、明日から追加します。

今回は、3つの通貨ペアを追加し、これまでの22通貨ペアと合わせて、合計で25通貨ペアを対象として、売買シグナルの公開を進めていきます。
今回追加する通貨ペアは以下の3ペアです。

≪今回追加する通貨ペア≫
オージーカナダ
オージーキウイ
キウイカナダ

以上の3ペアです。
指値設定値幅は、いずれも、40、60、80の3パターンです。


オージーキウイは、売買シグナル公開を停止していましたが、今回、再開となります。
一定の基準に基づくフィルターを掛けることで、オージーキウイをはじめ、今回の3つの通貨ペアでも十分に収益が見込めるとの検証結果が出たため、追加するものです。

一定基準のフィルターにより、若干ですが、新規売買シグナルの発生が抑制されます。
しかしながら、このフィルターにより、利益獲得に向けた一層の確度向上が期待できる上、これまで取引対象にできなかった通貨ペアも対象にできるといった大きなメリットが発生しています。

当たり前ですが、思いつきで追加するわけではなく、しっかりとこれまで検証を続きてきた結果であり、一定のフィルターという基準が機能することを確認できたためです。
ここにいたるまで、仮説→検証→仮説→検証...を繰り返しています。

なお、今回の変更は大きな変更事項となりますので、この後、「現在の具体的な投資手法」記事の更新を予定しています。


また、今回追加となる通貨ペアは、若干、マイナーな存在となりますので、取引可能な業者が限られます。
しかし、長期間の安定収益を目指す私の取引手法では、このあたりのマイナー通貨ペアの取引は必須です。
(新興国(エマージング)通貨ほどのマイナーではありませんが。)
個別の通貨を見れば、豪ドル、NZドル、カナダドルですから、FXでは決してマイナーではないのですが、ペアとなると取扱いが少ないのが現状です。
ただ、これらの通貨ペアでも十分に利益獲得が見込めることが分かっていて、スルーするわけにはいきませんので、今回の追加となっています。

私がこのサイトで公開している全25通貨ペアでの取引を再現されたい場合には、業者の選択肢が限られますが、現在、私が取引している外為ファイネストは、そもそもスプレッドが最狭水準ですし、もう一つ紹介しているゴールデンウェイ・ジャパンでも時間帯によっては外為ファイネストを上回る最狭水準スプレッドを提示しています。
(例えば、米国休場といった流動性低下時の場合は、ゴールデンウェイの固定スプレッドが威力を発揮します。ゴールデンウェイの固定スプレッドは2段階制で、基本的には、午前7時台では外為ファイネストに負けるのですが、流動性低下時だけは、この固定スプレッドがメリットになり、断然オススメです。今現在のクローズのレートがちょうど、その休場時に当てはまりますので、気になる方はご確認いただければ、私の記述の意味がご理解いただけます。)

この2業者であれば、全25通貨ペアを問題なく取引できるのはもちろんですが、両社とも、MT4が利用できるという最強取引環境が整っています。
13年以上、FXをやってますが、いまだに、MT4は手放せない、最強のテクニカル分析ツールです。
CFD取引をMT5でやっている関係で、MT5も触っていますが、現状、FXの国内業者ではMT5は限定的です。

それでは、明日からも安定収益に向けて、しっかりと分析、取引を行っていきますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Last Modified : 2020-07-05