兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年超。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。日中は本業で忙しくても、毎日1回のみ、手軽にFXでの安定収益を目指します!

TOP >  その他 >  【EMA-FX】【重要】発注時間の変更

【EMA-FX】【重要】発注時間の変更

先日、変更のお知らせをしていた発注時間の変更を、週明けの明日から適用します。
これに伴い、売買シグナル記事の公開時間も、その直前(目安として、午後11時30分~午後11時50分)になります。


【発注時間の変更】
午前7時20分 → 午前0時00分


決済指値価格の変更シグナルの変更発注時間も変更となります。
これまでは、具体的な指値価格を表示していましたが、今後は、以下のような表示方法となります。


(例)「ユーロドル」のショートポジション(建値1.14258)の指値を、「1.13858」から変更する場合

【保有継続ポジションの決済指値 価格変更】
ユーロドル ショート 1.14258 (指値1.13858 → 外為ファイネストでの始値-40)

※始値とは、発注時間(午前0時00分)の始値(Bidレート)です。


このように記載します。
この場合、例えば、外為ファイネストでの始値が1.14351だった場合は、そこから40を引いた、1.13951を新たな指値として変更注文します。
私が取引で利用している業者を基準としますので、この記載方法とします。
このサイトの記事を、取引の参考材料とされていらっしゃる場合には、他社レートとの相違にご注意ください。

午前0時のレート確認が必要となりますので、変更発注時間もこれまでの「記事掲載後すぐに」というわけにはいきません。


今回は、「具体的な投資手法」記事は、 最新の記事(ここをクリック) に追記する形で記載します。
興味をお持ちの方は、そちらの記事もご確認ください。


なお、現在ノーポジションなので、明日の朝の売買シグナル記事はありません。
次の売買シグナル記事は、日付の変わる21日(火)の午前0時00分発注に間に合うよう、事前に記事投稿します。

Last Modified : 2020-07-19