兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年。現在、売買シグナルを、毎朝、完全無料で先出し公開中です! 毎朝1回だけの発注、取引で、手軽にFXでの安定収益を目指します!番外編として、CFD取引(株価指数、商品)の売買シグナルも公開中です!

TOP >  週間成績 >  週間成績(R2.4.19)

週間成績(R2.4.19)

先週一週間の決済取引を通貨ペア別にまとめ、今後の改善につなげていきます。
今回は、4月13日~4月17日の取引をまとめます。

ポンドドル → -257.4pips(2回)
オージードル → -139.4pips(2回)
ドルスイス → -23.5pips(1回)
キウイドル → +80.0pips(1回)
オージー円 → -25.3pips(1回)
ユーロカナダ → +80.0pips(1回)
ユーロキウイ → +80.0pips(1回)
ポンドオージー → -199.0pips(1回)
ポンドスイス → -19.5pips(1回)

上記のとおりとなりました。

ポンド絡みの通貨ペアは、良くも悪くも値動きが大きくなるため、方向性が合致した場合には大きく取れるのですが、外した場合の損切り幅も大きくなりがちです。
今週は、ポンド絡みの不調が顕著ですが、各通貨ペアで、トレンド終息あるいは転換か、という流れに来ていることも一因だと思っています。
ある程度、トレンドの方向性が出てくれることを期待しています。

新型コロナウイルスの状況は、世界的にまだ先が見通せない中、為替相場も含め、予断を許さない状況だと思います。
ただ、株式市場の動きからも分かるように、感染拡大の弱まりや経済活動の再開に向けた動きが現れてきていることから、これまでの完全な悲観論は弱まってきています。
為替においても、日々のニュースに一喜一憂するような動きがあり、現状では、まだ方向性が定まっていない感じです。

私としては、日々のテクニカル分析を淡々とこなしていく中での長期運用で、安定した収益を目指していく姿勢に変わりはありません。
 現在、私が利用しているFX業者はこちら!
 
 ⇒≪トレイダーズ証券公式サイトは、こちらから≫
 当サイト限定タイアップ実施中です!

 
 ⇒≪外為ファイネスト公式サイトは、こちらから≫

 有利な運用のため、通貨ペア別に、2つの業者を使い分けています。
 詳細は、こちらの投資手法記事にて。

 ブログランキングに参加中です!
 売買シグナルに期待してもらえる方、応援クリックお願いします。
 ≪にほんブログ村≫ ←ここをクリック!
 皆様のお心遣いに感謝します!

Last Modified : 2021-01-03