兼業FXトレーダー ~EMAテクニカルで安定収益~

2007年3月にFX投資を開始、FX歴13年超。毎日、売買シグナルを完全無料で公開中。日中は本業で忙しくても、毎日1回のみ、手軽にFXでの安定収益を目指します!

TOP >  週間成績 >  週間成績(R2.4.26) +456.0pips

週間成績(R2.4.26) +456.0pips

先週一週間の決済取引を通貨ペア別にまとめ、今後の改善につなげていきます。
今回は、4月20日~4月24日の取引をまとめます。

ポンドドル → +100.0pips(1回)
ユーロポンド → -104.0pips(1回)
ユーロオージー → +80.0pips(1回)
ユーロキウイ → +80.0pips(1回)
ポンドオージー → +100.0pips(1回)
ポンドスイス → +100.0pips(1回)
ポンドキウイ → +100.0pips(1回)

上記のとおりとなりました。
ユーロポンドは、トレンドが出てくると、比較的取りやすい通貨ペアなのですが、ペアの特性上、どうしても方向性のはっきりしない期間が長めになる気がしています。
昨日の監視状況記事でも示しましたが、テクニカル的にも、ユーロポンドはしばらく様子見になる可能性も出てきました。
ただし、今の相場は、テクニカルの要因よりも、新型コロナウイルスに関連した各国の状況や経済対策といったファンダメンタルの部分に左右されやすいため、注意する必要があります。

ポンド絡みの通貨ペアは、先週の損切りをしっかりと取り返してくれました。

FXにおいて、テクニカルとファンダメンタルは両輪ですから、どちらも重要な要素となるわけですが、現状のファンダメンタル優勢の状況が長く続くことは、私のようなテクニカル分析で取引している者にとっては厳しいですね。
それでも、退場しないことが最重要という点では、上手く荒波を乗りこなせていると感じています。

皆さんもFXどころではないでしょうが、一緒に頑張りましょう!


 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
 ↑上のバナーをクリックして、ランキングアップにご支援お願いします。

  ←Twitterでフォローしていただくと、サイト更新時に通知が届きます。
 リアルタイムで売買シグナルを受け取りたい方は、フォローし、ツイート通知設定をお願いします。

このサイトの取引手法での最適な業者はこちら
【外為ファイネスト】

 【外為ファイネスト】国内MT4・NDDカリネックスブリッジ
 現在、私も利用中の外為ファイネストは、日中のスプレッドが本当に最狭水準であることはもちろん、このサイトでの取引手法で重要となる午前7時台での成行注文時にもスプレッドがしっかりと狭くなっており、不可欠の取引業者です。

午前8時以降に発注される方はこちらの業者でも
【ゴールデンウェイ・ジャパン】

 高速FX
 私のスプレッド調査結果では、午前8時以降であれば、こちらの業者でもスプレッド最狭水準での取引が可能です。

Last Modified : 2020-06-13